南丹市定住促進サイトnancla

南丹市定住・企画戦略課お問い合わせ TEL:0771-68-0003 定住促進サポートセンターお問い合わせ TEL:0771-68-1616
くらしイメージ
  • 定住支援の制度
  • 集落の取り組み
  • NPO法人など市民団体
  • 地域おこし協力隊
NPO法人等市民団体
自己紹介

太田 彩美


東京都大田区出身。東京では通信関連会社で一般のお客様向けの営業をしておりました。幼い頃から親戚のおじさんにキノコ狩りへ連れて行ってもらったり、農園や農場に出かけることが多く、畑作業や田舎暮らしに憧れを持っておりました。営業でのオーバーワークがたたり、体調を崩し、寝たきり生活を送ったことをきっかけに、”過度なストレス”がどれほど体に悪いか、また”食事の質”がいかに大切かを痛感。健康的な生活と体づくりをかねて、安心安全な野菜を自分で生産したい、と京都へ移住してまいりました。
自然相手、体力勝負の仕事でまだまだ挫けては挑むの繰り返しをしておりますが、1勝99敗の精神で日々頑張っております。

得意技
●思い=すぐ行動(行動が早い)

村上 直代


奈良県明日香村で、ゲストハウス・電気自動車レンタルなどの運営サポートをしながら、webやチラシの作成・観光事業に関する業務などを行っておりました。
南丹市で子育てしながら、空き家活用や特産品開発などの地域資源を生かした起業や取り組みなどを考えています。写真家としても活動し、過去には公募展など受賞、関西・東京などで個展や美術館での展覧なども開催。また今年は南丹市まちづくりデザインセンターのチラシコンテストで1位になるなど、デザインや写真でも南丹市でも少しずつ認知していただいています。ワタリドリ写真部の写真活動や子育て世代が住みたくなるような魅力を伝えていきたいです。

得意技
●写真撮影
●web・チラシ作成
●手作り品(看板、手芸、木工などのものづくり)

玉木 青


1991年、京都市・岩倉生まれ。2010年、京都大学在学中に劇団愉快犯を設立。京都学生演劇祭、講演会などを企画・運営。卒業後、PHP研究所入社。雑誌・単行本編集、執筆に携わる。退社後、美山町大野地区の魅力発信映像制作に参加。イベントスペース【Variety Kyoto】運営、『ナリワイをつくる』著者・伊藤洋志氏、荻窪6次元店主・ナカムラクニオ氏、『水曜どうでしょう』ディレクター、SHARP公式ツイッター「シャープさん」などの講演会等、イベントを企画・運営・進行。2016年から、南丹市地域おこし協力隊として中心市街地の空き家を活用し、新しい働き方に取り組む若年層とのマッチング事業に携わる。

得意技
●イベント企画・運営
●司会進行
●編集・執筆
●情報発信
●インタビュー

佐田 祥毅


大阪生まれ、神戸育ち。
2005年 大阪芸術大学デザイン学科卒業
2006年 栃木県益子スターネット主宰の故馬場浩史氏に師事。
2010年10月 実家のケーキ屋で広報・店舗運営・ブランディングなど。
2016年4月 独立。グラフィック・ウェブ・プランニング・プロダクト・空間などデザイン各種やプロジェクトマネージメント・プロデュース、施工、家具製作、狩猟(修行中)等を営みとする。目指すは猟師、21世紀型の百姓!(畑とかもしていきたい)

得意技
●鹿の解体の訓練中。
●年に数度フルマラソンを走ります(けど痩せない)。

小林 功士


兵庫県猪名川町出身。学生時代から海外を放浪し、野山で遊び、海や川で泳ぎ、子どもたちへの野外体験教育、進学塾塾長、神戸YMCAディレクターなどの経歴を経て、現在に至ります。教育×アウトドア×お宿をベースに南丹市への観光誘致や魅力の掘り起こしをしていきたいと考えています。南丹市の自然や人の懐は大きく広く深い!インバウンドの取り込みや、南丹市での遊びを紹介していきたいです。現在、ゲストハウス用の物件を探しています。多様性に富んだ立地は武器です。さまざまな担い手がいて、さまざまな技があります。南丹市の課題解決への糸口になれるような人材になるために日々、奮闘しています。皆さんよろしくお願いします!

得意技
●教育×アウトドア×お宿(ゲストハウス運営計画中)
●スキー・川遊び・マウンテンバイク・キャンプなど野遊び
●イニシアティブゲームなど、人のつながりを大切にした場づくり

嶋田 翔伍


1991年京都市上京区生まれ。京都府立大学文学部でドイツ文学を専攻。また在学中に、自主映画制作サークルに所属し、脚本や美術などを担当する。
2013年に大学を卒業し、大阪の出版社で編集業務に携わり、書籍や社史を手掛ける。退職後、フリーの編集ライターとして活動。
現在は、建築・編集・まち・写真などをキーワードに冊子作りやアートプロジェクトを行うuugにて共同主宰として活動を行っている。ほか、写真撮影と映像制作の修行中。

得意技
●編集・執筆

大矢 伸治


南丹市美山町鶴ヶ岡殿区生まれ。家業の関係で幼少期からものづくりの環境に囲まれ、京都市内の商業高校へ入学。商品開発で学ぶデザインに興味を持ち、大阪デザイナー専門学校プロダクトデザイン学科を専攻。「手に職を持ち、地元に帰る」を目標に「椅子張り職人」(ソファや椅子を張り直し、生まれ変わらせる職人)として大阪で学び、9年ぶりに地元南丹市美山町に「地域おこし協力隊」として戻ってきました。デザイナーやさまざまな職人とのコラボを通して、田舎とデザインの融合を模索している最中です。地元の祭り「上げ松」、祖母の作る「ばあちゃんカレー」をこよなく愛する25歳南丹男児です。

得意技
●とびっきりの笑顔と笑い声