南丹市定住促進サイトnancla

南丹市定住・企画戦略課お問い合わせ TEL:0771-68-0003 定住促進サポートセンターお問い合わせ TEL:0771-68-1616
くらしイメージ
  • 定住支援の制度
  • 集落の取り組み
  • NPO法人など市民団体
  • 地域おこし協力隊
NPO法人等市民団体
プロジェクト

太田 彩美


畑や田んぼの体験イベントを通して昔ながらの農業を体験していただいたり、特産品を中心とした野菜づくりのお手伝いをしながら、その販路拡大として高速インターや駅前マルシェに出店。お客様の生の話を参考に、新商品や売れる野菜の開拓など、農業、食品関連のお仕事を中心にさせていただいております。2016年には衛生管理責任者の資格を取得。2017年11月に日吉町中世木にカフェスペース兼食品加工所をオープンさせました。これから少しずつ実績を重ねてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

村上 直代


○ワタリドリ写真部
・「よしとみフェスティバル」 旧吉富小学校全館を利活用して写真展を開催。ギャラリー、芸大生などが参加(突然の関テレよーいどんの取材など反響あり)。
・夏休み写真企画「なつそらピクニック」 園部高校写真部の展示支援や、旧小学校撮影会(参加者コンテスト入賞)、子供向けのワークショップや講演会を開催。
・京都造形大生の卒業制作展支援。
・神吉バスマップの表紙に写真起用。神吉風の市などで展覧会。
○八木綿復活プロジェクト
昔八木町で植えられていた歴史が残る綿の復活を目指し栽培。
○放置竹活用と子育て世代の就労支援活動
綿と放置竹材の商品開発、子育て世代の就労支援の将来的な準備を計画中。

玉木 青


園部町新町に残る築200年の古民家をリノベーションし、若者が集えるシェアハウス・オープンスペースにするプロジェクトに取り組んでいます。共同作業を通じてリノベーションを学びたい方、イベント等でスペースを活用したい方、入居したい方など、お気軽にお問い合わせください。→cococan2013@gmail.com
2017年12月現在は、建物の歴史を受け継いだ「シェアハウス表具屋」という名称で、20〜30代の男女5名が暮らし、20代夫婦がオープンスペースを利用中。2018年より週末の古書店営業がはじまります。

佐田 祥毅


狩猟・獣害対策や狩猟における獣肉の二次有効活用などを模索、研究しています。有害捕獲され埋没処分される多くの獣の命を活用し、資源としていくことを目標とし活動中。
これまではグラフィック、ウェブ、空間デザイン等の仕事をしてきましたが、180度異なる狩猟とデザインを組み合わせることで、新しい価値や場所の創出になるような取り組みをしていこうと準備しています。
豊かな自然や資源を持つ南丹市の魅力を、土地に耳を傾けながら、土地の恩恵を受けながら、狩猟とデザインを通して新しい価値を見出していきたいです。

小林 功士


『南丹市の観光』にスポットライトを当てて、地域の特性、自然を生かした観光資源の掘り起こしを行っています。南丹市は分水嶺があり水の豊かなまちです。京阪神から90分、清流で遊べる南丹市でカヤックやSUPなど水にまつわるあそびを提案しながら親水性を高められたらと考えています。川をきれいにする活動の一つとして森林整備の活動も行っています。「観光=体験」で地域に潤いを生み出したいです。
※Youtube【南丹ぐるぐる】四季・自然・魅力を発信中!

嶋田 翔伍


編集・執筆・デザイン・撮影などの力を生かし、情報発信と都市部の若者との交流促進などに取り組んでいます。南丹市のおもしろい単語を集めた「南丹辞典」の編集など、地域の魅力を発信する冊子やパンフレットを制作。ほか、田舎の田園風景のなかでファッションショーを行う企画「あぜみちファッションショー」を敢行。新たな地域資源の発掘と都会の若者たちとのコラボレーションを目指しました。今後も南丹市にある様々な面白いものを色々な人に伝えられるよう、取り組んでいきます。

大矢 伸治


就任後すぐに開催された「南丹市工芸祭」では協力隊として「木のスプーン」を作るワークショップを皆さんとさせていただきました。ワークショップを通して、地域の皆さんと触れ合えることはとても新鮮でした。「椅子張り職人」として物を生み出すことが大好きな私のスキルをコミュニケーションのツールとして活かせることに可能性を感じています。幼い頃に見た、「なんでもできる地域のカッコいいおっちゃん」になれるようにこれからも励んでいきます。